京都留学情報  by京都府  Information about studying abroad in Kyoto, Japan by Kyoto Prefecture

This blog is written by Friendship Ambassadors of Kyoto Prefecture. It is written from the perspective of exchange students, and by publishing it in both various languages and Japanese. We would like to give you information that will hopefully be useful if you are thinking about choosing Kyoto cultural capital of Japan, for your study abroad.

生活情報

フィトリアナ プスピタ デウイ

(立命館大学大学院 インドネシア)

Bagi orang yang baru saja datang ke Jepang memang perlu beradaptasi dengan banyak hal. Hal yang paling mendasar misalnya soal penanganan sampah. Pemerintah Kyoto lumayan ketat dalam urusan pemilahan sampah. Di sini sampah dibagi menjadi 5 bagian, sampah organic, sampah plastic, sampah botol plastic, sampah botol kaleng dan botol beling. Semua dipilah dan dimasukkan ke plastic sampah khusus yang bisa dibeli di convenience store dan department store. Hari pembuangan sampah juga harus sesuai jadwal.

Untuk kebutuhan sehari-hari kebanyakan orang Jepang bergantung pada convenience store yang tersebar di seluruh negeri. Convinience store yang buka selama 24 jam sangat praktis. Disini tidak ada pedagang kaki lima seperti di Indonesia. Makanan bisa dibeli berupa bento di convenience store atau ke warung makan Jepang, misalnya warung Udon, warung curry, restoran China dan sebagainya. Tempat makan yang terkenal murah biasanya Nakau, Yoshinoya dan Matsuya yang menyediakan menu nasi dan daging sapi dengan kisaran harga 300-500 Yen.

Bagi yang muslim, pemerintah Kyoto sudah banyak menyediakan tempat sholat dan restoran-restoran halal. Tidak hanya itu, mereka juga sudah menyiapkan aplikasi Halal Media Japan yang bisa membantu kita mencari tempat makan halal dan tempat sholat di setiap kota jikalau kita dalam perjalanan.

京都市ゴミ袋

写真出所http://lik.kcif.or.jp/archives/0610/10_2006jp.htm

Gambaran plastic sampah kota Kyoto

 

日本に留学すると最初の日々は色々な事に適応する必要があります。基本的に地域が変わると文化と習慣の違いで生活の仕方は細かいところまで違います。例を挙げるとゴミの分別のことです。京都市はゴミの分別について他の市と比べると厳しいです。勿論、母国に比べるとこのようなやり方はあまり見られません。京都ではゴミが5種類に分別され、燃えるゴミ、プラスチックゴミ、ペットボトルゴミ、瓶ゴミと缶ゴミです。全て分別して、コンビニやデパートで買える決められた京都市のゴミ袋に入れます。ゴミ捨てのスケジュールもゴミ種類によって違います。このスケジュールが分からないとゴミが重なってしまい、健康問題になります。細かいことなのですが無視できません。

日常生活は全国にあるコンビニに頼ります。コンビニは24時間営業し、日常生活の為の品がそろっているのでとても便利です。24時間営業のスーパーとドラッグストアもあります。非常の時に食品やインスタント食品や薬などすぐに手に入れられるので心配無しに生活できます。日本は弁当文化の国なので、スーパーやコンビニや弁当店などでどこでも弁当を売っています。弁当の以外は色々な店で食べ物を買えます。うどん屋さん、カレー屋さん、お寿司屋さん、中華料理などで食べ物の選択を限らず自分の好みに合わせられます。イスラム教の方も心配なく京都では生活できます。ハラル産業の増加に従い、京都市はお祈り場所を用意しており、ハラル料理屋さんも段々増えてきます。そのことに関する情報は全てアプリで検索できて、旅行中または留学するイスラム教徒にとって非常に役に立ちます。

広告

情報

投稿日: 6月 23, 2017 投稿者: カテゴリー: Indonesia インドネシア, Living Information 生活情報(食事・病院)

ナビゲーション

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

Archives

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。