京都留学情報  by京都府  Information about studying abroad in Kyoto, Japan by Kyoto Prefecture

This blog is written by Friendship Ambassadors of Kyoto Prefecture. It is written from the perspective of exchange students, and by publishing it in both various languages and Japanese. We would like to give you information that will hopefully be useful if you are thinking about choosing Kyoto cultural capital of Japan, for your study abroad.

毕业生的就职文化/新卒の就職文化

龍谷大学経営研究科 徐 紅陽
(中国出身)

毕业生就业难的问题在日本和中国都存在。两国政府为了保障毕业生就业虽然制定了各种各样的政策,但是依然有很多学生找不到好的工作。

日本でも中国でも新卒の就職難は社会問題である。両国の政府は新卒の就職を保障するために、いろいろな政策を制定したが、沢山の学生が就職できないのが現状である。

我现在也在日本找工作,想介绍一下我眼中中日就职之间的差别。
私も今日本で就職活動しているので、目で見た日中就職の相違点を紹介したいと思っている。

在我的想法中最大的区别就是写履历书。在中国,大家都是自己做履历书然后基本对每家公司都投同样的简历,复印的也无所谓。另一方面,在日本大家写的不叫履历书而是エントリーシート。企业不同,エントリーシート的内容也不同。除了内容之外,还必须都要手写。
私の考えの中で一番大きな違いは履歴書である。中国では皆自分で履歴書を作って、だいたいどんな会社に対しても、同じ履歴書を使って、コピーしてもかまわない。その一方、日本では、みんな履歴書を書くというより、エントリーシートを書く。会社により、エントリーシートの内容も違っている。内容は別々で、全部手書きで書かなければならない。

除此之外,中国的企业说明会大多在大学举行,但是日本却大部分在自己的公司举行,大家要在网上预约,然后去参加说明会。
そのほか、中国で企業の説明会は大学で行う例が多い。その一方、日本の場合は大体自分の会社で行う。皆はネットで予約し、説明会に参加しに行く。

另外一点就是时间。中国的就业季大约在毕业前一年左右开始,日本的话大约比中国早半年。原因可能是日本的过程比较繁琐,必须需要时间久一点。
もう一つの点は時間である。中国では就活時期は卒業前の一年からである。日本の場合は中国よりも半年前である。その理由は多分日本の方が過程がややこしくて、長い時間を掛ければならないからだ。

広告

情報

投稿日: 4月 22, 2014 投稿者: カテゴリー: 就職, 中国

ナビゲーション

2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

Archives

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。