京都留学情報  by京都府  Information about studying abroad in Kyoto, Japan by Kyoto Prefecture

This blog is written by Friendship Ambassadors of Kyoto Prefecture. It is written from the perspective of exchange students, and by publishing it in both various languages and Japanese. We would like to give you information that will hopefully be useful if you are thinking about choosing Kyoto cultural capital of Japan, for your study abroad.

Makanan Kantin di Universiti Kyoto / 京都大学の学食

京都大学大学院 ヒュー ズー シン(マレーシア出身) 

Pelajar universiti yang sibuk seharian dengan kajian, kuliah dan aktiviti biasa makan di kantin hampir setiap hari. Bulan ini, saya akan memperkenalkan tentang makanan kantin di Universiti Kyoto. Makanan di sini berasaskan masakan Jepun. Para pelajar boleh memilih masakan utama dan sampingan yang digemari untuk dimakan bersama nasi, iaitu makanan ruji di sini. Di samping itu, don (nasi hidangan sepinggan lengkap), ramen dan pelbagai masakan lain terdapat di sini. Pelajar yang tiada masa untuk memasak di rumah boleh menikmati hidangan yang enak dan berkhasiat pada harga yang berpatutan.

研究、授業や活動で忙しい学生たちの中に、毎日大学の学食のお世話になっている人が多いです。今月、京都大学の学食を紹介します。こちらの学食は、日本食中心です。主食はご飯であり、好きなメインとおかずを選んで一食を組み合わせることができます。それ以外、丼、ラーメン、他にもいろいろな種類の料理がそろっています。自炊する時間がなくても、美味しくて栄養たっぷりで手ごろな食事ができます。

Bagi saya, makanan kantin di sini lebih sihat dan banyak pilihan dibandingkan di universiti saya di Malaysia yang dahulu (IPTA). Di Malaysia tidak ada empat musim, jadi makanannya sama sepanjang tahun. Menu di sini diperbaharui setiap musim dengan terdapatnya bahan-bahan yang berlainan. Misalnya, masakan pucuk rebung banyak dimakan pada musim bunga. Namun begitu, orang Malaysia mungkin tidak biasa memakan beberapa masakan di sini contohnya sayur dan tofu yang disejukkan. Rasa masakan juga lebih tawar berbanding di Malaysia. Terdapat menu halal dan vegetarian di sini tetapi pilihannya tidak begitu banyak. Penganut agama Islam dan vegetarian biasanya membawa bekal yang dibuat sendiri di rumah untuk dimakan bersama nasi putih yang dijual di kantin.

私にとって、こちらの学食は以前在学していたマレーシアの大学(国立大学)の学食よりヘルシーで、選択肢が多いです。マレーシアでは四季がなく一年中夏です。そのため、こちらの季節の食材を使って、季節に合わせたメニューの変更が面白いと思います。例えば、春のとき、竹の子料理が多いです。けれども、マレーシアでは冷やした料理を食べる習慣がないので、冷やした野菜や豆腐のおかずなどは、マレーシア人の口に合わないかもしれません。味もマレーシアの食べ物に比べてかなり薄いです。イスラム教徒とベジタリアンの方のメニューがありますが、選択肢があまり多くないようです。そういう方々は、家でお弁当を作って大学に持ってきて、食堂の白ご飯と一緒に食べる工夫をしています。

 

 写真1

Kantin di Kampus Yoshida. Kebelakangan ini, ‘tempat duduk seorang’ mendapat perhatian ramai di Internet.

吉田キャンパスの中央食堂の雰囲気です。最近、「ぼっち席」が注目を集めているようです。

http://kotaku.com/japanese-university-makes-special-forever-alone-dinin-947794041

写真2 copy

Makanan yang biasa saya makan di kantin. Saya sedang banyak makan sayur untuk tujuan menjaga kesihatan.

私が普段に食べる一食です。健康のために、野菜をたくさん食べるようにしています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 1月 15, 2014 投稿者: カテゴリー: Living Information 生活情報(食事・病院), Malaysia マレーシア 

ナビゲーション

2014年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Archives

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。