京都留学情報  by京都府  Information about studying abroad in Kyoto, Japan by Kyoto Prefecture

This blog is written by Friendship Ambassadors of Kyoto Prefecture. It is written from the perspective of exchange students, and by publishing it in both various languages and Japanese. We would like to give you information that will hopefully be useful if you are thinking about choosing Kyoto cultural capital of Japan, for your study abroad.

Kommunikationskultur in Japan / 日本人との交流

明治国際医療大学 ラブロウ セーニャ(ドイツ)   

Auch dieses Jahr neigt sich allmählich seinem Ende zu, und in Japan hat Saison der Jahresablschussfeiern – genannt Bonenkai – begonnen. In entspannter Atmosphäre etwas Leckeres zu essen ist natürlich an sich etwas Tolles, aber um diese besondere Saison des festlichen Miteinanders wirklich zu erleben, bedarf es der Kommunikation mit dem Gegenüber.

皆さん、お元気ですか?

今年も後もう少しで終わりということで、忘年会シーズンがやってきました。

楽しい空間で美味しい料理を食べることも一つの幸せに違いがありませんが、本当にこの特別な時期を楽しめるためにはやはり人との交流が必要になってきますね。今日は日本人とのコミュニケーションについて、ドイツ人のコミュニケーションとの違いを踏まえて、書きたいと思います。

Worin liegt eigentlich der Unterschied zwischen der japanischen und der deutschen Gesprächskultur? Ich denke es ist unter Anderem der Gebrauch von Aizuchi – zustimmenden Bemerkungen während der Rede des Gegenübers. In Deutschland gilt es als unhöflich, dem Gesprächspartner ins Wort zu fallen, in Japan hingegen ist es ebenso unhöflich ihn zu lange ohne ein eigenes Signal der Gesprächsbeteiligung reden zu lassen.

我々の文化の大きな違いの一つは相槌の習慣の有無だと思います。

一所懸命に喋ってくれる相手のお話に割り込んではいけないといったドイツの価値観、そして相手の話をきちんと聞いている合図として相槌を打つ日本人。真反対ですね。

Das war erstmal natürlich etwas ungewohnt. Hört man mir denn zu oder ist mein Japanisch unverständlich? Nach einer Weile habe ich dann verstanden, dass das der japanische Weg ist einer Unterhaltung mit Interesse zu folgen.

最初は、戸惑っていました。人とお話するとき、「うん」や「はい」などの反応に対して、私の話を聴いてくれているか、それとも流しているだけなのか、といった疑問を長期にいだいてきました。月日が経ち、それは日本人があなたの話を聴いているということの表現であることがわかってきました。来日一年目の時点で目からうろこでした。

Doch auch diese Tradition scheint sich ein wenig im Wandel zu befinden. Aizuchi als unerlässliches Schmiermittel für eine gute Unterhaltung – oder um fehlendes Interesse zu verdecken? Manchmal hört man kritische Stimmen.

そこで最近、日本人のコミュニケーションスタイルも変化しつつあると思います。なぜなら、人とお話しする時、目を見てほしい、相槌はしていても話を聴いていないではないか、などを指摘する人が増えているようです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 12月 11, 2013 投稿者: カテゴリー: Deutschland ドイツ  , Exchange with friends 友達、日本人との交流

ナビゲーション

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Archives

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。