京都留学情報  by京都府  Information about studying abroad in Kyoto, Japan by Kyoto Prefecture

This blog is written by Friendship Ambassadors of Kyoto Prefecture. It is written from the perspective of exchange students, and by publishing it in both various languages and Japanese. We would like to give you information that will hopefully be useful if you are thinking about choosing Kyoto cultural capital of Japan, for your study abroad.

沟通交流 / 日本人との交流

京都大学 YAO SITU(ヨウスト)

中国 内モンゴル自治区出身

 

新学期伊始,对于新到日本的留学生而言一定是千头万绪,有着大把事情要忙的。这其中难免有不明白不确定的事情就要向他人问询打听,而这就要考验个人的沟通交流的能力了。

新学期が始まったばかりなので、初めて日本に来た留学生にとっては勉学にも日常生活にもわからないことが多いと思います。そこで、いちいち調べるより関係者や経験のある友達と話し合ったり、教えてもらう方が間違いが少ないです。

 

如何顺利沟通解决面临的问题,以及如何与师,友,同学顺畅交流,相互了解留下好印象等并不是我能提点各位同学的。在此我仅力所能及地提供些经验性的参考。

コミュニケーション能力は人によってそれぞれ違いますが、私はここでしたほうがいいこと、避けて欲しいこと、という感じでちょっと助言したいと思います。

 

首先,参考一,在学校方面,有任何不明白的事情无论大小,是否繁琐,尽可以向(学部/研究科/留学生科等的)办公室去咨询。这一类的办公室在日本的大学内与其说是行政管理的机构,更像是服务机构般的存在。所以对学生也是非常的细致耐心,可能解答问题也是他们的工作范围吧。

まずは、学校関係のことは遠慮なく自分の所属学部、研究科または留学生科の事務室へ聞いてください。なんでも丁寧に対応してくれます。

 

其次,在学习生活以及日常生活当中,与日本人交流的时候切记不要汉语的语境带入日语。因为会显得过于生硬不够宛转,甚至有时会显得颐指气使。举个例子,比如你让别人教你东西,如果在中国,他说可能应该差不多是这样的吧,你就会觉得这个人所说的不尽不实。反而如果是在日本,他要是说应该这样不可以那样的话就会多少显得傲慢无礼了。

次に,日本人と話すとき中国語のセンテンスをそのまま訳して話さない方がいいと思います。多少顎をしゃくって言い付ける感じが出ます。例えば、人にものを教えるとき、中国では、「こうするべき」「それじゃダメ」とはっきり言うのは誠意を見せます。

 

还有与中国正好相反的是,说话不要高声,不要盯着对方眼睛,会显得咄咄逼人。

または,中国と真逆のように、日本人と話すとき声が大きいことと相手の目を見つめることは失礼な挙動になります。

 

P.S.附图为京都舞伎的头饰。

P.S.図は京都舞妓の花簪です。

1

2

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

情報

投稿日: 10月 21, 2013 投稿者: カテゴリー: Exchange with friends 友達、日本人との交流, 中国

ナビゲーション

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Archives

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。